カテゴリ:Movie( 76 )


2011年 04月 30日

攻殻機動隊 S.A.C SSS 3D 舞台挨拶 新宿バルト9

新宿バルト9『攻殻機動隊 S.A.C SSS 3D』神山監督&田中敦子さん大塚明夫さん舞台挨拶

[PR]

by bojeck | 2011-04-30 15:18 | Movie
2011年 04月 20日

神山監督登壇による「大ヒット御礼トークショー」

『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』
神山監督登壇による 「大ヒット御礼トークショー」決定!

4月24 日(日)神山監督登壇による「大ヒット御礼トークショー」が決定しております。

なんと、神山監督と『攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D』を一緒に観て、質疑応答形式で語り合うという、
前代未聞のイベントです。


めちゃ行きてぇー


5月7日(土)から、全国25劇場の拡大公開が決定らしい、
「大垣コロナシネマワールド 」へGO!> かつーお
[PR]

by bojeck | 2011-04-20 15:17 | Movie
2011年 04月 19日

SAC『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D』 予告編

Blu-ray発売決定記念age


ヤバイ、もう一回観たくなったヽ(;´Д`)ノ
[PR]

by bojeck | 2011-04-19 01:09 | Movie
2011年 03月 31日

攻殻機動隊 2nd GIG OP


少佐ぁぁぁあああ!!



今見ても神OP
[PR]

by bojeck | 2011-03-31 23:43 | Movie
2006年 05月 21日

Vフォー・ヴェンデッタ

『Vフォー・ヴェンデッタ』
独裁国家と化した近未来の英国。夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、街角で危険に見舞われたところをVと名乗る仮面の男に救われる。不正と暴虐にまみれた政府転覆をはかるVは、手始めに中央刑事裁判所を爆破。国の圧制を糾弾し、11月5日の“ガイ・フォークス・デー”に国会議事堂前に集結するよう市民に呼びかける。その一方で自分自身の怨念を晴らすため、有力者を次々と殺していくV。そんな彼と出会ったことで、イヴィーは人生を大きく変えていく。
-goo映画より-

リュック・ベッソン→ナタリー・ポートマン繋がりで『Vフォー・ヴェンデッタ』
仮面の怪人『V』(フォー)、中の人はスミススミススミススミススミススミススミススミススミスなヒューゴ・ウィービング、けっこう背高いのね。
イヴィー役のナタリー・ポートマン、レオンのマチルダ役よりも、SWのアミダラ姫の方が有名か、丸刈りにする必要はあったのか?

自由を奪う独裁政権に対抗する男の復讐劇、イヴィーはその強制目撃者。
フォーは国家の象徴たる建物を予告爆破し、政府転覆を計る。
常に仮面を被り、仮面が反体制の象徴となる。
肉体は滅びても、その精神と自由を求める思想は人々に語り継がれていく。

政治への反抗心が色濃い映画、映像と音楽がいい感じでミュージカルっぽいシーンもあり。
ウォシャウスキー兄弟が制作・脚本なので、格闘シーンはちょいマトリックス。

単なるアクションに終わらず、政治に対する疑問を投げかけてくるので、そのへんを深く考えてみたい人にはお奨め。
[PR]

by bojeck | 2006-05-21 23:59 | Movie
2006年 05月 20日

アンジェラ

『アンジェラ』
一旗あげようとアメリカからパリにやってきたものの、多額の借金を作ってしまったアンドレ。借金取りに「48時間以内に金を返さなければ、命はない」と言い渡された彼は、アレクサンドル三世橋からセーヌ川に身を乗り出す。その瞬間、隣に現れた長身の美女が「あなたと同じことをする」と告げると、突然川に飛び込んでしまう。死なせたくない。とっさにそう思ったアンドレは、彼女を追って川に飛び込むのだが…。
-goo映画より-

リュック・ベッソン監督最新作、6年間の沈黙を破り登場。

リュック・ベッソン監督作品といえば『レオン』、我が人生でトップランク入りするスキスキ映画。マチルダ(ナタリー・ポートマン)とレオン(ジャン・レノ)の純愛に涙涙涙(つд・)ウエーン
レオンの自決シーンは何度観ても目から熱いものがこみ上げてきます。
『ニキータ』も(・∀・)イイヨネ!!

そんでもって『アンジェラ』
アンジェラ役のリー・ラスムッセン。すっごい、パーフェクト美人。
GUCCI専属のスーパーモデルだそうで、監督もしちゃう才女らすい。
相手役はアメリに出ていた、ちょいブサキモおっちゃん。でも演技はうまいぞー。

物語は、ほぼこの二人で展開していくんですが、第三の主人公は『パリの街並み』全編モノトーンの映像の中に現れるパリの風景はビューティフォー。一度、生で観てみたいね。
一人のダメ男が心を入れ直して生きていく、ガンバレ系ストーリー。

リー・ラスムッセンパリの街並みの美しさを観る映画。

私の中ではレオンの完勝。
[PR]

by bojeck | 2006-05-20 23:59 | Movie
2006年 05月 12日

アンダーワールド:エボリューション

お久しぶりの映画コーナー。
気がつけば4月は映画鑑賞無しマンスリーになってしまい、このままでは目標の「松中越え」が危くなるところ。
まぁ、4月は子供向け映画が多くて見たいものが無かったんですが、「ファイアーウォール」が終わっていたのにはがっかり。

『アンダーワールド:エボリューション』
ヴァンパイアの闇の処刑人セリーンは、一族を治めるビクターが自分の家族を虐殺していた過去を知り、復讐を果たす。同族から追われる身になった彼女にとって、唯一の味方はヴァンパイアとライカン(狼男)の混血種であるマイケルだけ。2人は追っ手をかわしながら張り巡らされた陰謀を暴くうちに、何世紀にもわたって種族闘争を繰り広げてきた、ヴァンパイアとライカンの創世の秘密に迫っていく。やがて2人は、血族を超えた禁断の恋に落ち…。
-goo映画より-

前作「アンダーワールド」をDVDで観ていたので、観るしかないでしょ。
モロ続編を匂わせる終わり方だったしなー。

ヴァンパイアひゃっほーー!

セリーン役のケイト・ベッキンセールいいねいいね(・∀・)イイネ!!
この前あった『イーオン・フラックス』とか、最近クール&ビューティーな女性が大暴れ映画多いな。
オイラ結構好きです(〃▽〃)ポッ
そこにヴァンパイアが加われば「鬼に金棒」「ボジェックにヒノキの棒」とムテキング。

私がヴァンパイアの知識を得たのが菊地 秀行(著)の「蒼き影のリリス」シリーズからで、
 ・血を吸うとスーパーサイヤ人3化
 ・十字架はモーマンタイ
 ・紫外線は天敵
 ・流れ水に弱い
 ・ぐちょぐちょになっても再生可
と、映画の吸血鬼伯爵とは、ちょっと違う一面もあるヴァンパイアの姿。
本の話は、またの機会にするとして、映画の話にリターン。

前作は「ヴァンパイアvsライカン」でしたが、今回はヴァンパイアとライカンの始祖がタッグを組んで登場。おまけに二人のパパまで登場。
始祖は力任せの「どつき合い」に対して、セリーン側は銃や爆弾の近代兵器で武装。
しかし、近代兵器も始祖の圧倒的パワーの前には無力、さぁ世界はどうなる!

世間的な評判は芳しくないようですが、オイラは好きです、この世界観とアクション。
ニッチなヴァンパイア好きを狙った映画、美女アクションを観たい方もどうぞ。
[PR]

by bojeck | 2006-05-12 13:55 | Movie
2006年 04月 04日

サウンド・オブ・サンダー

『サウンド・オブ・サンダー』
近未来、人類はついにタイムトラベルの技術を手に入れた。シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は高額所得者を対象に、タイムマシンを使った白亜紀恐竜ハンティングツアーを売りにしていた。ある夜、ツアー参加者を招いたパーティーにタイムマシンの開発者ソニア・ランド博士が乱入、ツアーの危険性を指摘する。ツアーの引率者ライヤー博士は彼女から真相を聞きだすが、危惧する事態はほどなく現実のものとなってしまう。
-goo映画より-

タイムトラベルで金儲けしちゃう会社現る。
金満素人を連れてリアル恐竜体験。
さすがに役所から監視人が派遣されているようですが、どう考えても普通は国が管理するシロモノでしょう。

そこで時間超越ものの基本『過去を変えちゃダメよ』(#゚Д゚)ゴルァ!!な訳ですよ。
その気が無くても、お約束通りやっちゃうのが人間の常。
そこから始まる地球進化の枝分かれパラレルワールド。

うーむ、この世界観。
どこかで見たことあると思ったら『魔界都市新宿』っぽいのね。
せんべい屋の若旦那や白い医師は出てきませんが、あの世界観クリソツ。
それだけでオイラ的には満足。
ストーリー自体は、たいした捻りも無いので、恐竜好きのアクション映画を見たい方どうぞ。
[PR]

by bojeck | 2006-04-04 23:59 | Movie
2006年 03月 29日

SPIRIT

『SPIRIT』
病弱だった少年は、やがて成長し天津一の格闘家となるが、その傲慢さゆえに恨みを買い、家族に向けられた凶刃によって悲劇のどん底に落ちていく。いくつもの苦悩と、数知れない戦いの果てに、彼を待受けていたのは歴史に残る大舞台。史上初の異種格闘技戦だった。全世界から集まった屈強な男たち。会場に渦巻く興奮と野望。しかし、彼の胸にある思いは、勝者の栄光を掴むこととはまったく無縁の、静かにたぎる情熱だった…。
-goo映画より-

真の『強さ』とは?

カンフーアクションものスキスキ(´З`)チュ
ジェット・リー、最後のアクション映画(らしい)。

実在した清朝の武道家・霍元甲の生き様をフィクション少々で味付け。
ジェット・リーは何やっても悪人に見えないところが(・∀・)イイネ!!

日本代表選手の中村獅童、もっと日本人を卑下した扱いかと予想していたら、そんなことは無く、無骨な武士道キャラでよかったよかった。
しかし、あのアクションは本人?

ラストが・・・納得できん(#゚Д゚) プンスコ!
あの呆気無い終わり方でいいのか?
それとも、強さとは肉体だけのものでは無いと伝えたかったのか?
「どんなに武術を極めても、人殺しの為に作られた武器や道具には敵わない」って、感じがして。
あぁ無常。


正義なき力は暴力、力なき正義は無力 by 倍達

最近、この言葉を思い出す出来事が多くなってきた気がします。
[PR]

by bojeck | 2006-03-29 14:52 | Movie
2006年 03月 15日

シリアナ

ヨッシャー!
松坂、和田、薮田、大塚よくやった!
里崎に確変入ったぜヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


『シリアナ』
CIA諜報員ボブは、息子の進学を機に、キャリアに終止符を打とうと決心する…。一方、一流法律事務所の弁護士ベネットは、アメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。又、ジュネーブ在住の石油アナリスト・ブライアンは、ある事件をきっかけに石油王の王子ナシールの相談役となる。そしてパキスタン人のワシームは、母国を離れ中東の油田で働いているが、過酷な労働と人間以下の生活に希望を失いかける…。
-goo映画より-

分かりにくっ!

アラブの石油の利権をアメリカが牛耳っている暴露話。派手なドンパチも無く、淡々と進行していくストーリー。始まって1時間は我慢我慢。私は落ちかけました(つ∀-)
たまに チュドーーン! っと爆発するので、ビックリして目が覚めます。

ちょい太りアカデミー助演男優賞ジョージ・クルーニー&イケメン俳優マット・デイモン
ヒゲの生えたアラブ人は見分けがつきません(´_ゝ`)
俳優の演技の良し悪しは、あまり関係ない映画かも。

CIAやアラブの富豪や国の偉い人が、国や自分の利益の為にあれこれ暗躍。
アメリカ寄りとヨーロッパ寄りの即位継承争いで、自国の利益誘導の為なら誘拐でも暗殺でも何でもやっちゃうぞ!
本当の諜報活動ってのは、ドンパチじゃなくて、静かに闇の中で行われているんだな。
ラストシーンは壮絶で、ちょっと考えさせられる終わり方。
自爆テロの背景には、色々な想いがあると考えさせられる。
純粋に国を愛する人達が一番の犠牲者になっている事実。

ノンアクションの諜報活動、アメリカ主導の中東利権争いを知りたい方どうぞ。
[PR]

by bojeck | 2006-03-15 14:09 | Movie