BojeckのFFじゃない日記

bojeck.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ドイツワールドカップ( 17 )


2006年 06月 12日

ドイツワールドカップ 11/64

D組 アンゴラ 0 - 1 ポルトガル

開始早々、イケメン濃い顔フィーゴが裏に抜けてパウレタへ愛の横パスで先制。こりゃー大量得点の予感・・・予感外れ、うーむ(-_-)
アンゴラの守備が立ち直したのと、ポルトガルの決定力不足が噛み合って、ポルトガルが点取れそうで取れない展開。後半はポルトガルも逃げ切りにシフトチェンジ、イエローもらったC・ロナウドを下げて、無理をしない大人のサッカーを開始。
そのまま逃げ切り成功、今大会は開始直後の得点多いね。

F組 オーストラリア 3 - 1 日本




E組 アメリカ 0 - 3 チェコ

チェコつえーーー!
ぼじぇ的に死のCグループ以上に注目のEグループ。
1点目のドンピシャクロスからの巨人コラルヘッドもスゴイが、ロシツキーの25mロングシュートはベストゴールでしょう!
アメリカも個人技で応戦するも、テクニック+組織力のチェコの前になすすべ無し、ヒヤリとさせたのはレイラのポスト直撃シュートぐらいか。
チェコが中盤でボールを奪うと、必ず誰かが動き出し、そこにパスが入る。日本代表のみなさん見習いましょう。
駄目押しはネドベドのスルーからロシツキーが押し込んで勝負あり。
点差以上にチェコが圧倒した試合だった。アメリカだって弱くはないのに・・・
前半終了間際にコラル負傷退場、バロシュを怪我で欠き、この内容。
チェコきそうな予感。


E組 イタリア 2 - 0 ガーナ

裏死のグループE2試合目。
カテナチオを捨てたイタリアのプレイスタイルが見所。
対するガーナも身体能力にテクニックをプラスしているアフリカの強豪。

イタリアの守備は、中盤ガーナに自由に持たせてディフェンスラインで止めてカウンター、相変わらずのカウンターサッカーじゃん。
1点目はショートCKでゴール前の混戦の中にぶち込んだピルロのミドル。キーパー見えかったでしょ。2点目はガーナの中途半端なバックパスをカットして確実にゴール、やっぱミスは見逃さないね。
ガーナも数少ないチャンスがありながらも、DFのチェックが速くボールが枠に飛ばない。
イタリア完封勝利。

イタリアは先取点取った後にガチガチ守備固めは無かったけど、プレイスタイルが変わったようには見えませんな。しかし、常にガーナにボールを持たせながら試合をコントロールしているのは、さすが。
堅守速攻、変わらない良さ。
[PR]

by bojeck | 2006-06-12 23:58 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 12日

次、行ってみよー!


悔しい!!!!!!!!

まだまだ、終わったわけじゃない!
次、勝ちゃいいのよ( ̄。 ̄)y-~~
[PR]

by bojeck | 2006-06-12 23:57 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 12日

魂はドイツへ

朝の出勤から代表ユニ着っぱなし。
暖かく迎えてくれた同僚の方々、ありがとう。
b0061639_2053322.jpg

夕飯はカツ丼(゚Д゚ )ウマー

1時間ぐらい寝ようと思ったのですが・・・眠れん(☆∀☆)
アドレナリン大増量セール中。

このまま応援に入ります、

がんばれニッポン!
[PR]

by bojeck | 2006-06-12 20:53 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 11日

ドイツワールドカップ  7/64

死のC組 セルビア・モンテネグロ 0 - 1 オランダ

ロッベーーーンのセンターラインから飛び出しでゴール!
あの瞬間だけ、セルビア・モンテネグロの守備おかしかったもんな(-ωー)
センターラインまでライン上げちゃダメですよ、ボールとオフサイドラインが10mぐらいしか無かったですよ。
おまけにマークしているはずのセンターバックコンビの真ん中にロッベン、どっちが見てたんだ?

ゲーム全体を通しては、ロッベンがずっとボールキープしていた気がするほど、ポゼッションはオランダ。
あれだけボール持たれるとセルビア・モンテネグロは攻め手が無いわ。
スタンコビッチが孤軍奮闘していたけど、バックラインのマークが甘かったな。
中盤の潰し合いを避けたオランダが試合巧者だったってことか。

オランダも、死のCグループ一歩リード。


D組 メキシコ 3 - 1 イラン

メッヒコ! メッヒコ! ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

4年前、メキシコvsイタリアの試合を生観戦してからメキシコ好きなボジェックです。
メキシカンめちゃ明るい、「よく税関通ったな」と思わせる、直径2m以上あるメキシカンハットをかぶり、会場までのバスの中、バスから降りて会場まで、ずーーっと踊って歌ってた。
オイラはメキシコ側のスタンドに座っていたのですが、試合中もずーーっと踊って歌ってた。
そんな底抜けに明るい国民性も好きですが、メキシコのショートパスを多様するプレイスタイルと、みごとな連携のプレスがスバラシイゾー!

で試合ですが、前半はセットプレイから取って取られての1-1。
予想以上にイランが攻め込むシーンが多く、がぶり四つの展開。
イランのチェックの速さにショートパスを繋げられないメキシコ。イランやりおる。
後半も前半同様の潰しあいからスタート。攻守の切り替わりが早いナイスゲーム展開。

おーーっと、後半も半ばを過ぎたところでイランキーパーのキックが直接相手に渡り、あっという間にゴール前に運ばれて失点。イラン痛恨のミス(´Д`;)ヾ
このミスでがっくり落ちるイランの運動量、プレッシャーの無いメキシコは伝統のショートパス回しでゴールに迫る。
メキシコが右サイドを崩しセンタリング、中央ではノーマークのメキシコ選手が2人。ヘッドで押し込まれ試合は決まった。

負けたけどイランも大善戦ですよ。
点差以上に中身の濃いゲームだった。
[PR]

by bojeck | 2006-06-11 23:59 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 10日

ドイツワールドカップ  5/64

B組 イングランド 1 - 0 パラグアイ

今大会、ぼじぇ一押しのイングランド登場。

開始早々オウンゴール!
・・・
それだけかい ┐(゜~゜)┌

特筆すべきはイングランドの守備でしょう!
パラグアイもいいシュートが2本ほどあったけど、崩してないもんなぁ。
ジェラード&ランパードのダブルボランチすごす!
圧倒的運動量と攻守の切替の速さで中盤を完全に支配。おしいミドルシュートもあったし、この2人がイングランドの要ですな。
ルーニーが復帰すれば得点力不足は解消されそうなだけに、今後に期待。
クラウチのロボットダンスは見てみたい。


B組 トリニダード・トバゴ 0 - 0 スウェーデン

ここまでのベストゲームきたー!
トリニダード・トバゴの戦術と選手の気迫に感動した( ;∀;)

戦前の予想では「スウェーデン圧勝じゃん」( ̄。 ̄)y-~~
と思っていて、後半早々に一人退場になったときも「スウェーデン何点取るんだろう?」(・∀・)ニヤニヤ
なーんて気楽に観ていたら、時間が経つにつれトリニダード・トバゴの応援を始める私ヽ(`д´)ノ

一人少なくなった時点で引き分け狙いに入るトリニダード・トバゴ。
普通ならDFの選手を入れて前線を薄く守備を厚くするのに、1トップから2トップに変更∑( ̄□ ̄;)ナント!!
スウェーデンの守備陣を下げさせて、前線と中盤の距離を長くする作戦なのか!
これでスウェーデンDF3人の攻め上がりを無くし、ゴール前はマンツーで跳ね返す。
思いっきり空いた中盤はスウェーデンに支配されるも、PA内に侵入を許さず徹底マーク。
何度かイブラヒモヴィッチと途中交代で入ったアルベックが決定的なチャンスを作るがGKヒスロプの体を張ったファインセーブ連発。
ミドルシューターがいないスウェーデンを見越した作戦的中。
この監督、すっげ策士だぞ。

攻めるスウェーデン!
守るトリニダード・トバゴ!

タイムアップ、トリニダード・トバゴ歴史的勝ち点1

手に汗握る試合だった(`・ω・´)b


死のC組 アルゼンチン 2 - 1 コートジボワール

アルゼンチンらしい試合運び。
堅守速攻、相手の技を受け、そこからねじ伏せる。
まさに風車の理論猪木ボンバイエヽ(`д´)ノ

クレスポとサビオラの2ゴール、どっちもお膳立てはリケルメ。
リケルメいいねー。

アルゼンチンの監督は楽しいだろうなぁ。
この国に人材不足って言葉は無いぐらいキラ星キラキラ。
リケルメと合わないベロンやキリ・ゴンザレスといったビッグ・ネームを外してチームが作れちゃう。
今回のアルゼンチンはノーマークだったんですが、この試合を見ると「いいとこ行くんじゃない?」と思ってしまった。

コートジボワールも繋ぎに繋いで最後はドログバが合わせて意地の1点。ドログバと組んでたFWトゥレって、いい動きしてたな。

アルゼンチン、死のCグループ一歩リード。
[PR]

by bojeck | 2006-06-10 23:59 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 09日

ドイツワールドカップ  2/64

A組 ドイツ 4 - 2 コスタリカ

前半コスタリカ引き過ぎ。
ドイツが左サイドを支配して、ボール支配率圧倒的に優位。
今大会初ゴールは左サイドから狙いすましたゴール、あそこから打つんだなぁ。
あとはクローゼが2発とフリンクスが決めて4点、2アシストのシュヴァインスタイガー(加地を削った奴)を自由にさせ過ぎたな。
コスタリカはワンチョベいいね。

ドイツDF裏取られ過ぎ。
ラインの位置が中途半端、攻撃は合格、守備に課題の残るドイツ。


A組 ポーランド 0 - 2 エクアドル

ポストの神がエクアドルに味方してポーランド無得点。
エクアドルの2点目はきれいに崩してからの、気持ちいいシュート。
ボール支配率はポーランドの方が高かったように見えたが決定力の差で勝敗が決定。
エクアドルのゴール前の守備いいじゃない。
[PR]

by bojeck | 2006-06-09 23:59 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 09日

ぼじぇっくチャレンジ企画発表

いよいよ開幕。

サッカーワールドカップ ドイツ大会

日本時間、本日深夜開会式、明日未明には開幕戦のドイツvsコスタリカがキックオフ。
数日前からアドレナリンが出まくって、興奮状態のオイラ。

日本にがんばって欲しいのは当然ですが、それ以上に世界中から集まった36チームが見せてくれるであろう、すばらしい試合にドキドキワクワクヽ(´ー`)ノ

そこで、オイラ決めました。
今回のワールドカップ

全64試合観戦 (早送り無し)

全部観ますよ、観る気マンマンですよ(`・ω・´)b

基本的にはリアルタイムで観たいんですが、毎日4時キックオフの試合はキツイので、それは録画or再放送で(゜▽゜)b
HDDレコーダーもフォーマットして全試合録画予約済みで準備万端、。

期間中は一言レポでも掲載しようかな。
[PR]

by bojeck | 2006-06-09 13:16 | ドイツワールドカップ