BojeckのFFじゃない日記

bojeck.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ドイツワールドカップ( 17 )


2006年 07月 10日

ドイツワールドカップ 64/64

やってまいりました決勝戦。
1ヶ月に渡る長い戦いもこれで終わりです。
ここまで63試合、70%はリアルタイムで、残り30%は録画で観戦、よくがんばったボジェック( ;∀;) ガンバッタネ。
山場だった予選リーグ3試合目、1日4試合はさすがにホント o(゚Д゚)っ モムーリ!
それでも1日3試合は観て、残りは決勝トーナメントと平行に録画をチェック。
結果は知っていても、ダイジェストでは放送されない、ちょっとしたビューティフルプレイに拍手。

これまでの戦いを振り返りながら決勝戦キックオフ。
鉄壁の守備を誇るイタリア、イタリア以上に守備的なフランス。
イタリア以上に守備的って、ありえない。
しかし、ありえないなんてありえない。(by錬金術師)

どっちかと言えばイタリアが攻めるんじゃないかと予想。
あっさり予想を裏切り、フランスペースで試合が進む。
開始5分でザンブロッタやっちゃったPK献上、フランス先制。
その後もフランスペース、しかしCKを彫り物マテラッツィがヘッドで押し込み、極少ないチャンスで同点に持ち込む。

そこから1トップの守り合い、ポゼッションはフランス。
フランスが攻めてはいるのだが、イタリアが攻めさせているようにも見える。
カンナヴァーロの守備力スゲーぜ!

後半、フランス守備の要ビエイラが足痛めて退場、交代で入ったボランチは全く攻め上がらず、ますます守備の人数増加。
ボールの入らないトッティさようなら。
終了間際、イタリアがゴール前でFK、キッカーピルロ。
ちょっと曲がりすぎてゴールの左へ。

1-1で延長突入。

延長に入ってフランス怒涛の攻撃。
トレセゲが入りFWの枚数を1枚増量、ゴール前に入る人数も増やし、ほぼパワープレイ。
右側のクロスからジダンがフリーでヘディング、ブッフォンがスーパーセーブ。
流れは完全にフランスへ。

延長後半、ジダンがヘディング。
ボールじゃなくてマテラッツィに(´_ゝ`)
一発退場!
これにてジダンのサッカー人生は終幕。

これでフランス掴んでいた流れを自ら手放し運動量も落ちて、お互いセーフティーファーストな試合に。
このままゲームエンド。
予想のスコアレスドローPKに近い、1-1PK。
ここまで来ると選手バテバテだから仕方ないっすかね。

トレセゲのキックがバーを叩き、ブッフォン何もしないでPK勝利。


イタリア優勝!


急募:フランス語orイタリア語の読唇術ができる方 1名
ジダンとマテラッツィの会話を教えてくださいm(_ _)m
[PR]

by bojeck | 2006-07-10 06:30 | ドイツワールドカップ
2006年 07月 09日

ドイツワールドカップ 63/64

賛否両論の3位決定戦。
ぼじぇ的には得点王も絡むので『あっていいんじゃね。』ってスタンスです。
フィーゴがいないからか、元気のないポルトガル。
対照的にホームの声援を浴びすぎて、元気玉全開のドイツ。

加地様を削ったシュヴァインスタイガーがドリブルで仕掛けては打つべし打つべし打つべし!
丹下のオッチャンのアドバイスが効いたのか、ミドルシュートが決まる決まる。
バラック無しで中盤を制覇、あれだけPAにボールを放り込まれるとオウンゴールは仕方ないか。
ポルトガルも意地の1点を返してゲームセット。

クローゼ無得点、でも得点王決まりでしょう。
お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!

この試合、上川審判が笛を吹いている姿にメチャ( ;∀;) カンドー
日本人の誇りです。
[PR]

by bojeck | 2006-07-09 06:00 | ドイツワールドカップ
2006年 07月 06日

ドイツワールドカップ 62/64

メチャ( ゚Д゚)ネムヒー

予選リーグは『勝つ試合』をしていたチームの大半が、決勝トーナメントに入ってから『負けない試合』をしているのは残念、一発勝負だから仕方ないのかなぁ、ちぇ(´_ゝ`)

試合開始はポルトガルペースで攻め始めるが、徐々にフランスがサイド攻撃でペースを握る。
アンリの切り替えしに空振ったDFがドロップキックになってアンリに当たっちゃったPKでフランス先制。
若きイケメンウインガー、C・ロナウドが見せ場を作るも、平均年齢34歳のボランチ2人+センターバック2人のオッチャンカルテットには敵わず。
GKバルデスも、もう35歳ですか( ̄。 ̄)y-~~
ジダンも前の試合で疲れていたのか、いまひとつ。
歳には勝てませんな。

強力アタッカー陣を押さえ込んだフランスに軍配。

これで嫌な予感どおり、 vs の決勝戦。

どこまでリスクを賭けて攻めれるか、攻めないか。
スコアレスPK勝負の予感。
[PR]

by bojeck | 2006-07-06 10:51 | ドイツワールドカップ
2006年 07月 05日

ドイツワールドカップ 61/64

( ゚Д゚)ネムヒー


リッピ監督は大会前に『常に3人のアタッカーをピッチに送り、カテナチオを捨てて攻撃的なサッカーを見せる』なんて言ってたような気もしますが、ウソよねーん。
どう見ても4-4-1-1、8~9人で守っているように見えるね。
あれは情報戦のブラフに間違いないъ(`―゜)
私も引っかかって優勝候補から外しましたよ _| ̄|○

延長後半にデル・ピエーロを投入するまでは、おしんもビックリする我慢のサッカー。
ボランチ2人(コワ顔ガットゥーゾ&ピルロ)の運動量を日本も見習いましょう。
120分間に1点取れれば勝てるサッカー、見ていておもしろいかは別。

5試合で1失点(しかもオウンゴールのみ)はスゴイぞ、イタリー ∑( ̄□ ̄;)ナント!!

これでフランスが上がってきたら、守 vs 守
またまた延長ですか( ̄。 ̄)y-~~
[PR]

by bojeck | 2006-07-05 10:41 | ドイツワールドカップ
2006年 07月 03日

ドイツワールドカップ 60/64

お互い頭で押し切り萌えって同点。
アルゼンチン守りに入るの早かったね、まさかキーパーがジャンピングニー食らうとは予想外。
レーマンすごっす!

イタリアここまで余裕の展開。
変わらない伝統って、ここまで徹底するとカッコイイね。
トーニがイケメンっての間違っていると思う。

あーぁ、ルーニーやっちゃった。
8年前の繰り返しじゃん、反省しようよ。

あーぁ、ブラジルやっちゃった。
いつでも点が取れると思っていたんだろうなぁ。
ヴィエラとマケレレ素晴らしいぞー!

南米チーム消滅、やっぱ地の利ってあるのかね。
[PR]

by bojeck | 2006-07-03 15:52 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 23日

ドイツワールドカップ 48/64

気がつけば決勝トーナメント。

元気です。
生きてます。
眠たいです(ρw-).。o○
ボジェックです。

公約通り、全試合観戦続行中です。
レビューはいつか書くので、お待ち下さい m(_ _)m


ここまでのサプライズ!

チェコ敗退

いろんな意味で涙が止まりません(つд⊂)エーン
ええ、大人の事情です。

コレル負傷、バロシュ絶不調、いつも元気なネドベド。
Eグループじゃなかったら楽々だっただろうに・・・残念。
[PR]

by bojeck | 2006-06-23 23:59 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 19日

元気足らず・・・


オイラの元気は届かなかったのか・・・

川口のスーパーセーブで首の皮一枚はつながった。

ブラジルに勝つしかねぇヽ(`д´)ノ
[PR]

by bojeck | 2006-06-19 00:05 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 18日

届けドイツへ!


フランスワールドカップから8年。
この8年間の日本サッカーの進歩を世界に見せつけよう!

足が止まった時はオイラの元気を使ってくれ!

    ○

   |||

 ヽ(`・ω・´)ノ



 届けドイツへ!
[PR]

by bojeck | 2006-06-18 21:14 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 14日

ドイツワールドカップ 17/64

F組 ブラジル 1 - 0 クロアチア

F組のもう一試合、王者ブラジル登場。
予想を裏切る、いい試合。
クロアチアがブラジルを研究して全力でプレイするのに対し、さすがブラジルは初戦は足慣らしだぜと言わんばかりのプレイ。
そう、ロナウドあなたの事よヽ(`д´)ノ
コヴァチ三人衆のニコが退場直後で中盤のマークが甘くなった時ににカカーのミドルでブラジル1点、さすがブラジル抜け目無い。
この失点以外はクロアチアのプラン通りじゃなかったのだろうか、ロナウジューニョに3人マークついて自由にさせなかったり、中盤のプレスを意識して攻守の切替も早かった、噂どおりの堅守。
ブラジルのピークはここじゃないよな。


H組 スペイン 4 - 0 ウクライナ

スペインvsシェフチェンコ、11vs1の戦い

スペインはラウルがベンチスタート、だんだん影が薄くなってきてますな。
ゴール前で華麗にパスを回し決定的チャンスを演出するスペイン、対するウクライナは中盤を省きシェフチェンコに向けて縦ポン。
中盤を完全に支配したスペインがシェフチェンコをオフサイドの網にガッチリはめて、大量4得点で勝利。
シェフチェンコに対してラインを上げるとは、スペインの攻撃的守備に拍手。
ウクライナもうちょっと考えて試合しようよ。


H組 チュニジア 2 - 2 サウジアラビア

お互い中盤のプレスが速い、引き締まった展開。
チュニジアの1点目、FKからのこぼれ玉をダイレクトジャンピングボレー、かっこいいーー!
後半に入ってサウジが追いつき、交代で入ったジャバーが裏に抜けて逆転。
これで勝負ありかと思ったら、終了直前に頭で押し込まれ同点。
グッドゲームъ(`―゜)


A組 ドイツ 1 - 0 ポーランド

センタリング → シュート → バー → 跳ね返りシュート → バー
今大会ベスト、珍プレイ好プレイ炸裂。

こういう不運があると勝利は逃げるものなんですが、そこはホームドイツ。
後半30分にポーランドが退場者を出すと怒涛の攻撃。
しかーし、15分間攻め続けてもため息の連続、私はあくびの連続( ´O)η ファ~
このまま終わっちゃうかな、と思った瞬間・・・ゴール!
ポーランド耐え切れず、ドイツ劇的な勝利。
こういう勝ち方すると乗っちゃいそう。
ドイツいち抜け。
[PR]

by bojeck | 2006-06-14 23:59 | ドイツワールドカップ
2006年 06月 13日

ドイツワールドカップ 13/64

G組 韓国 2 - 1 トーゴ

実力伯仲と予想。
身体能力のトーゴか、組織力と粘りの韓国か。

ワントラップで一瞬にしてDF2人を置き去りにして裏に抜けたトーゴが先制。
縦ポンのトーゴvsサイド攻撃の韓国、試合は後半へ。
イケメン安を入れてシステム変更、韓国押し気味の展開に。
受けるトーゴ、堪えきれずゴール前で2枚目のイエローもらって一人退場。ちょっと受け過ぎ。
もらったFKを韓国がきっちり決めて同点、横に流すトリックプレイなんだけど、よく練習しているのが分かる。
流れを完全に引き寄せた韓国が安のゴールで逆転して勝利。


G組 フランス 0 - 0 スイス

おぃアンリ、やる気あるんか(#゚Д゚)ゴルァ!!

将軍ジダン様のラスト大会。
引いて守るスイス、PAの周りでパス回して様子を伺うフランス。PA内には常に4人以上配置のスイス、パスの出しどころが見つからず。クロス入れても、あとちょっと合わない。
スイスは徹底したカウンターサッカー、弱者のサッカーを展開。それでもおしい場面が何度かあり、バルデスの股間に助けられるハゲ危機一髪。

なんでアンリってビッグな大会だと調子出ないんですかね?
引いて守る相手が苦手なのは分かるんですが、そこをどうにかするのが世界で指折りのストライカーの仕事でしょう。
今大会の目標はジダンのアシストで1点だな。
フランスのピークは8年前だったよね。
スコアレスドロー。
[PR]

by bojeck | 2006-06-13 22:59 | ドイツワールドカップ