BojeckのFFじゃない日記

bojeck.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 10日

ドイツワールドカップ 64/64

やってまいりました決勝戦。
1ヶ月に渡る長い戦いもこれで終わりです。
ここまで63試合、70%はリアルタイムで、残り30%は録画で観戦、よくがんばったボジェック( ;∀;) ガンバッタネ。
山場だった予選リーグ3試合目、1日4試合はさすがにホント o(゚Д゚)っ モムーリ!
それでも1日3試合は観て、残りは決勝トーナメントと平行に録画をチェック。
結果は知っていても、ダイジェストでは放送されない、ちょっとしたビューティフルプレイに拍手。

これまでの戦いを振り返りながら決勝戦キックオフ。
鉄壁の守備を誇るイタリア、イタリア以上に守備的なフランス。
イタリア以上に守備的って、ありえない。
しかし、ありえないなんてありえない。(by錬金術師)

どっちかと言えばイタリアが攻めるんじゃないかと予想。
あっさり予想を裏切り、フランスペースで試合が進む。
開始5分でザンブロッタやっちゃったPK献上、フランス先制。
その後もフランスペース、しかしCKを彫り物マテラッツィがヘッドで押し込み、極少ないチャンスで同点に持ち込む。

そこから1トップの守り合い、ポゼッションはフランス。
フランスが攻めてはいるのだが、イタリアが攻めさせているようにも見える。
カンナヴァーロの守備力スゲーぜ!

後半、フランス守備の要ビエイラが足痛めて退場、交代で入ったボランチは全く攻め上がらず、ますます守備の人数増加。
ボールの入らないトッティさようなら。
終了間際、イタリアがゴール前でFK、キッカーピルロ。
ちょっと曲がりすぎてゴールの左へ。

1-1で延長突入。

延長に入ってフランス怒涛の攻撃。
トレセゲが入りFWの枚数を1枚増量、ゴール前に入る人数も増やし、ほぼパワープレイ。
右側のクロスからジダンがフリーでヘディング、ブッフォンがスーパーセーブ。
流れは完全にフランスへ。

延長後半、ジダンがヘディング。
ボールじゃなくてマテラッツィに(´_ゝ`)
一発退場!
これにてジダンのサッカー人生は終幕。

これでフランス掴んでいた流れを自ら手放し運動量も落ちて、お互いセーフティーファーストな試合に。
このままゲームエンド。
予想のスコアレスドローPKに近い、1-1PK。
ここまで来ると選手バテバテだから仕方ないっすかね。

トレセゲのキックがバーを叩き、ブッフォン何もしないでPK勝利。


イタリア優勝!


急募:フランス語orイタリア語の読唇術ができる方 1名
ジダンとマテラッツィの会話を教えてくださいm(_ _)m
[PR]

by bojeck | 2006-07-10 06:30 | ドイツワールドカップ


<< バンバラバンバンバン      ドイツワールドカップ 63/64 >>