BojeckのFFじゃない日記

bojeck.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 14日

ドイツワールドカップ 17/64

F組 ブラジル 1 - 0 クロアチア

F組のもう一試合、王者ブラジル登場。
予想を裏切る、いい試合。
クロアチアがブラジルを研究して全力でプレイするのに対し、さすがブラジルは初戦は足慣らしだぜと言わんばかりのプレイ。
そう、ロナウドあなたの事よヽ(`д´)ノ
コヴァチ三人衆のニコが退場直後で中盤のマークが甘くなった時ににカカーのミドルでブラジル1点、さすがブラジル抜け目無い。
この失点以外はクロアチアのプラン通りじゃなかったのだろうか、ロナウジューニョに3人マークついて自由にさせなかったり、中盤のプレスを意識して攻守の切替も早かった、噂どおりの堅守。
ブラジルのピークはここじゃないよな。


H組 スペイン 4 - 0 ウクライナ

スペインvsシェフチェンコ、11vs1の戦い

スペインはラウルがベンチスタート、だんだん影が薄くなってきてますな。
ゴール前で華麗にパスを回し決定的チャンスを演出するスペイン、対するウクライナは中盤を省きシェフチェンコに向けて縦ポン。
中盤を完全に支配したスペインがシェフチェンコをオフサイドの網にガッチリはめて、大量4得点で勝利。
シェフチェンコに対してラインを上げるとは、スペインの攻撃的守備に拍手。
ウクライナもうちょっと考えて試合しようよ。


H組 チュニジア 2 - 2 サウジアラビア

お互い中盤のプレスが速い、引き締まった展開。
チュニジアの1点目、FKからのこぼれ玉をダイレクトジャンピングボレー、かっこいいーー!
後半に入ってサウジが追いつき、交代で入ったジャバーが裏に抜けて逆転。
これで勝負ありかと思ったら、終了直前に頭で押し込まれ同点。
グッドゲームъ(`―゜)


A組 ドイツ 1 - 0 ポーランド

センタリング → シュート → バー → 跳ね返りシュート → バー
今大会ベスト、珍プレイ好プレイ炸裂。

こういう不運があると勝利は逃げるものなんですが、そこはホームドイツ。
後半30分にポーランドが退場者を出すと怒涛の攻撃。
しかーし、15分間攻め続けてもため息の連続、私はあくびの連続( ´O)η ファ~
このまま終わっちゃうかな、と思った瞬間・・・ゴール!
ポーランド耐え切れず、ドイツ劇的な勝利。
こういう勝ち方すると乗っちゃいそう。
ドイツいち抜け。
[PR]

by bojeck | 2006-06-14 23:59 | ドイツワールドカップ


<< 届けドイツへ!      ドイツワールドカップ 13/64 >>