2006年 03月 29日

SPIRIT

『SPIRIT』
病弱だった少年は、やがて成長し天津一の格闘家となるが、その傲慢さゆえに恨みを買い、家族に向けられた凶刃によって悲劇のどん底に落ちていく。いくつもの苦悩と、数知れない戦いの果てに、彼を待受けていたのは歴史に残る大舞台。史上初の異種格闘技戦だった。全世界から集まった屈強な男たち。会場に渦巻く興奮と野望。しかし、彼の胸にある思いは、勝者の栄光を掴むこととはまったく無縁の、静かにたぎる情熱だった…。
-goo映画より-

真の『強さ』とは?

カンフーアクションものスキスキ(´З`)チュ
ジェット・リー、最後のアクション映画(らしい)。

実在した清朝の武道家・霍元甲の生き様をフィクション少々で味付け。
ジェット・リーは何やっても悪人に見えないところが(・∀・)イイネ!!

日本代表選手の中村獅童、もっと日本人を卑下した扱いかと予想していたら、そんなことは無く、無骨な武士道キャラでよかったよかった。
しかし、あのアクションは本人?

ラストが・・・納得できん(#゚Д゚) プンスコ!
あの呆気無い終わり方でいいのか?
それとも、強さとは肉体だけのものでは無いと伝えたかったのか?
「どんなに武術を極めても、人殺しの為に作られた武器や道具には敵わない」って、感じがして。
あぁ無常。


正義なき力は暴力、力なき正義は無力 by 倍達

最近、この言葉を思い出す出来事が多くなってきた気がします。
[PR]

by bojeck | 2006-03-29 14:52 | Movie


<< 桜2006      開幕3連勝! >>