BojeckのFFじゃない日記

bojeck.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 14日

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』
世界大戦による核戦争後の近未来。そこは暴力が支配する闇と混沌の世界だった…。そんな世でも千八百年の歴史を持つ究極の暗殺拳・北斗神拳は、一子相伝の厳格な掟のもとに守り続けられていた。長兄ラオウ、次兄トキ、末弟ケンシロウ。その伝承権がケンシロウの手にゆだねられた時、時代の歯車が大きく回りはじめる…。ケンシロウは民衆とともに戦い続け、いつしか救世主と呼ばれる道を歩む。一方、北斗を離れたラオウは信じた。武力と恐怖による支配こそ、この世界に新たな秩序をもたらすと…。
-goo映画より-

ユアーショック!

ラオウの声に私もショック!

まずストーリーですが、シュウ&サウザー編+α。
+αは追加キャラのレイナ(デザイン by 北条司)に関するもので、修羅の国が出てきて伏線張っております。
本筋はマンガとほぼいっしょ、サウザーを有情拳で倒すところまで。
絵は映画用クオリティでアニメ以上に気合の入ったムキムキマン、これはOK。

ここから怒りのネタバレ入っているので、これから観る予定の人は読んじゃダメです。
さて、私マンガ全巻持っていて南斗六聖拳と南斗五車星がスラスラ言えるレベルなので、マンガとの比較でストーリーに文句つけてみましょう。
サウザーと師匠の話がカットされてる!
ここがないとサウザーが非情に生きる理由や、ケンシロウが有情拳で倒した訳が分からんじゃないですか!
細かいところで言えば、シュウに包帯を巻こうと嘆願する男や、ナイフでサウザーの足を刺す子供もカット。このあたりの話は残して欲しかったな。カットするならするで、映画版としての味付けをしなきゃダメでしょ。
時間の都合とはいえ、ただカットするだけならマンガ以下のストーリーしか生まれない。映画なりのプラス部分、製作側の主張が見えないのは残念。

最大の問題は、冒頭にも書いたけどラオウの声、ダメだありゃ。
迫力とか感情が伝わってこない(´д⊂)‥ハゥ
サウザーに大塚明夫を使うなら、サウザーとラオウの声を逆にした方が良かったな、オイラ明夫ちゃん好きだし。ケンシロウ役の阿部ちゃんが違和感も無く、がんばってるだけに、ラオウが全てをダメにしてる。レイナ役の柴崎コウは我慢できる・・・けど、きちんとした声優さん使おうよ。
最近、ゲームやアニメの声に有名俳優さんを使う事が多いけど、話題以上に中身で勝負して下さい。

今後の展開
第二部:ユリア伝 OVA(2006年冬)
第三部:ラオウ伝II 激闘の章(2007年劇場公開予定)
第四部:トキ伝OVA(2007年冬)
第五部:ケンシロウ伝(2008年劇場公開予定)

とりあえず、第二部以降のラオウの声だけはどうにかしてくれ。
[PR]

by bojeck | 2006-03-14 14:19 | Movie


<< シリアナ      雪 >>