2006年 03月 09日

機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛 鑑賞後その3

燃え続けるガンオタ魂、逆襲のシャアレンタり。

(・∀・)イイネイイネイイネ!!

劇場公開から、もう18年経ったのかぁ。DVD版は初見、音良くなってます。
今見返すと、ギュネイの声が山ちゃんだったり、ブライト艦長が同乗クルーに『弾幕薄いよ!』ってセリフ取られて( `_ゝ´)ムッとしたりとか、新たなる発見がありますな。
クエスのセリフで「クリスチーナ」って名前が出てきて、あのクリス?と思ったら別人だと判明
観終わってから全セリフを読み返すと、劇中ではよく聞き取れなかったセリフも理解できていいね。
逆襲のシャア全セリフサイトさん、ありがとう。

ストーリーに触れると
「アムロvsシャア」最終決着でFA。
ふっかけたのはシャア、引っ張り出されたのはアムロ。
搭乗するMSもファーストっぽいシルエットでサービス満点。

Z並みに次々と戦場に散る登場人物。
アストナージさーーん(ノД`)シクシク

『μガンダムは伊達じゃない!』(`・ω・´)
このセリフ、何度聞いても血がたぎるね!

ラストでMSが弾き出されていくシーン、なんで泣けるんだろう( ;∀;)ウウッ
当時は二人とも生きていると思ってたのに・・・未だ分からず。

説明っぽいセリフが、ほとんど無いのでファーストとZを観てないとチンプンカンプンになる可能性大。
TVシリーズがベストですが、劇場版3部作でもOK。観とけー。
劇場版Zを観た後のガンオタ入門者なら、あんな事こんな事が深読みできておもろいんじゃない。

この後のハサウェイの生き様は小説『閃光のハサウェイ』に書いてます。
もう一度、読み返そうかね。
[PR]

by bojeck | 2006-03-09 23:59 | 日々徒然


<< イナバウアー      サヨナラも言えなくて・・・ >>