2006年 03月 04日

機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛

『機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛』
宇宙世紀0087年、地球圏の戦乱は混迷を極めていた。連邦軍のエリート組織「ティターンズ」と反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦の最中、エゥーゴを指揮する立場となったクワトロ(シャア)、ティターンズを我が物にしようと目論む“木星帰りの男”シロッコ、そして「ザビ家」復興を掲げるジオン軍残党“アクシズ”の指導者ハマーン・カーン。三つの勢力の地球圏の覇権を賭けた政略と軍略が絡み合い、戦局は巨大レーザー砲へと改造されたスペースコロニー、グリプス2を巡る最終局面へと突き進んでいく…。
-goo映画より-

ブユウデン♪ ブユウデン♪
 ブユウデンデンブユウデン♪ カッキーーーン!

カミーユかっこいいー!

待ちに待った、公開初日ですよ!
TVシリーズストーリーは周知の通りなのでラスト以外はネタバレ進行。
半分ぐらい差替え、背景だけとか、エフェクト追加とか、細かい変更を入れると80%以上手を加えているっぽい。
巴戦が始まり、次々と死んでゆく登場人物達。
ラーディッシュがエマを助けるシーンに(ノД`)シクシク
そのエマもカミーユに気合を入れたあと(ノД`)シクシク
カツは相変わらず┐(゚~゚)┌
第二部でサラの出番が多かった訳は、この回で納得 v(。・ω・。)ィェィ♪

「このシリーズのシャアの曖昧な態度が『シャアの逆襲』へ繋がるんですよ」っと何かの雑誌に書いてましたが、やっぱりZのシャアはあっさり風味の脇役ですな。それでも、ボロボロの百式から放つ「まだ、終わらんよ」は存在感バリバリの名セリフだな( ̄ー ̄)ニヤリ

いよいよエンディング。

((( ̄Д ̄ )ほほう

賛否両論あるでしょうが、これはこれでアリかと。
TVシリーズのエンディングよりも、未来への希望が感じ取れる部分はOK。
でも、これだと『ZZ』や『シャアの逆襲』でカミーユ大活躍の予感。
『シャアの逆襲』もリメイクよろしく。

これで全シーン書き下ろしなら文句無し。
富野監督おつかれちゃん。
[PR]

by bojeck | 2006-03-04 23:59 | Movie


<< 機動戦士ZガンダムIII 星の...      ラオウのラ王 >>