「ほっ」と。キャンペーン
2006年 02月 11日

THE 有頂天ホテル

『THE 有頂天ホテル』
物語の舞台は大晦日の大ホテル。そこに集ったそれぞれの人々に起こるそれぞれのハプニング。彼らに、幸せな新年は訪れるのだろうか?“ホテルアバンティ”の副支配人である平吉はなんとか今日、大晦日を無事に終えたいと願っていた。しかしなぜだか総支配人は行方知れずになり、ホテルにはワケありの人物たちが続々集結。彼の願いもむなしく、トラブルばかりが発生していく。おまけに別れた妻と遭遇。働いていると言えなかった平吉は、授賞式に呼ばれて来たのだと嘘を付いてしまうのだった。
-goo映画より-

喜劇は邦画がいいね(´∀`)b

超豪華キャストがちょっとずつ出演。かといって、登場人物の多さも苦にならず、スピーディーな進行で笑わせてくれる。
三谷幸喜監督って、シニカルな笑いが多いイメージなのだが、伊東四郎(ニンッ!)で笑いと取る場面は三谷幸喜らしからぬ演出。おもしろいからいいや。
少々のメッセージが含まれてた気がしますが、この映画『笑ってなんぼ!』でしょう。
小難しく考える事無く、とにかく笑いたい人どうぞ。
スクリーンで観るか、ディスプレイで観るか、どちらにするかはお任せで。

やっぱり役所広司は名優だなぁ。
[PR]

by bojeck | 2006-02-11 23:59 | Movie


<< PROMISE      予約完了 >>