BojeckのFFじゃない日記

bojeck.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 21日

無理無理無理無理無理無理

スーパーインフレなヴァナ・ディールで『経済格差がある限り、業者は無くならないよな。』と思う今日この頃。

オンラインゲーム内の仮想財産は課税対象か--あるゲームマニアの挑戦

要約すると「オイラUOのRMTで、こんなにも稼いでるんだぜ!」と米国の国税局に自己申告した話。
実際MMOで生計を立てている

遊びじゃないのよFFは♪ はっはーん

って人(俗に言う業者)が、世界中にはかなりの人数いるので、その人達から税金取れれば結構な額になるには確かなところ。

まぁ、ぱっと考えて、
・デジタルデータの資産価値っていくらよ?
・サーバ置いてる国が徴収するの?
・ニートだから金持ってねーぜー
と非現実的なのは承知の上で話を進めてみましょ。

税金の徴収方法については、RMT上等のオンラインゲームで、公式のRMTの仕組みを作って取引の時点で税率掛けて課税すれば、徴収は可能だと思うけど、そうなれば「高額商品は手渡しで」ってなるので税金取るなんて無理無理無理。
クレジット払いオンリーのオンラインゲームなら、固定資産っぽく年1回カバンの中身を総額評価して課税、年会費と併せて徴収ってのアリか? そうしたら、課税時期だけダミー口座にダミークレジットカード作ってダミーキャラ作るから、やっぱり無理無理無理。
考えれば考える程に税金取るのは無理でFA。

ぼじぇ的にはアダルト系のコンテンツやらDVDに課税するアダルト税なんて導入すると、かなーり税金取れるとオモウヨ。
[PR]

by bojeck | 2006-01-21 23:59 | 日々徒然


<< 所詮10テラバイトの入れ物      「VIPSTAR」の中の人 >>