2005年 09月 30日

第3話 メイドカフェ全国制覇への道in静岡

名古屋駅から「こだま」に乗り静岡へ。
チョコ掘樽Cからの情報により、静岡駅近辺にメイドカフェが2軒ある事が発覚。
行かねばなるまい(`・ω・´)シャキーン

初めての静岡ヽ(´―`)ノ
b0061639_10362126.jpg


思っていた以上デッカイ街だ。

地図を頼りに知らない街をてくてくとメイドカフェへ直行。
みっけ。
b0061639_1037616.jpg

メイドカフェ「メイドール」
b0061639_10464478.jpg階段下から2階にある店をのぞいていると、店の中から外をのぞいていたメイドさんと目が会う(〃▽〃)キャー♪
運命を感じながら店内へ。
撮影禁止区域突入、HP参照するヨロシ。

「お帰りなさいませ、ご主人様」
あいあーい('∇')ノ

白基調のシンプルな店内。
客は野郎ばかり、メイドさんは4名程、メニューを持ってメイドさん参上。
「システムを説明させていただきます。」
「コースは2つありまして、コース1はメイドとのコミュニケーションコース」
「コース2は通常のお食事やお飲み物を召し上がっていただくコースです。」
「メイドとのコミュニケーションって何ですか?」
「コース1はメイドと、ゲームをしたり、おしゃべりしたりできますよ。」

(◎皿◎)ナンデスト!!

「コース1で」('∇')b
コース1は1時間の時間制限アリ、メイドと15分間のコミュニティータイムがあるそうな。メンバーズカードへ1回につき1ポイント、5ポイントでメイドさんとチェキ撮影。

ディープなメイドカフェキタ――ヽ(´ー`)ノ――!!

アイスコーヒーといっしょにミニスカメイドさん登場、かわいい♪

「ゲームは何をいたしましょうか?」
「何ができるんですか?」
「にゃんにゃんジャンケンとか・・・」
「何じゃそりゃ?」
「手を耳の形がパーで、ヒゲはチョキ、ニャンがグーです。」
「じゃ・じゃあそれで。」
「いきますよー、にゃんにゃんジャンケン。ジャンケンにゃ!」
羞恥プレーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
「パーだニャ!」
「グーだニャ!」
負けた_| ̄|○

勝ったらポイントが加算されていたらしい。残念。
ゲームの他にもアキバ名物おでん缶を「ふ~ふ~」して食べさせてくれたりするようだ。恐るべしコース1!
その後、HG危機一髪じゃなかった黒ヒゲ危機一髪をやって15分間のコミュニティータイム終了。
マンツーマンは、めっちゃ照れるぜ(/ω\)ハズカシーィ

制限時間を待つまでもなく、次のスケジュールを考えて30分で退却。

「行ってらっしゃいませ、ご主人様」
あばよ('∇')ノ

野郎の客しかいない訳だ(´Д`;)ヾ


歩いて10分、もう一軒のメイドカフェ「スピナッチ」
b0061639_10385044.jpg


本日4軒目フォォォォーーー!

「お帰りなさいませ、ご主人様」
あいよ('∇')ノ

元々バーで営業しているので、オールディーズな感じで間接照明を使っていて落ち着いた雰囲気。
メイド無しでも、隠れ家に使えそうなセンスの良い店内。今でも夜はバーをやってるそうな。

メイドさん2名、メイド服も落ち着いた感じ。なんとなく高そうに見える。
カウンターにイケメン店長います。
メニューはドリンク類、特にアルコール系が充実。
オムライスは必須アイテム('∇')b
b0061639_1040212.jpgb0061639_10392219.jpg

「スピナッチ オリジナルカクテル」をオーダー。
客は男2人組×2と女性の二人組みが1、あとカウンターに男が2名。これだけで店の70%は埋まるぐらいの広さ。
カクテル到着、メロンリキュールベースの軽い口当たり、女性向けかな?

一人でカクテル飲んでた周りを見渡していたせいか、メイドさんが話しかけてくれて、まったりと世間話。メイドさんアリガト!(´▽`)

カクテルグラスが空いたところで、店を出る。
「行ってらっしゃいませ、ご主人様」
あばよ('∇')ノ

ちょっと暗め店内とゆったりしたBGM、時間の流れが遅くなったような居心地の良さ。次回は、もっとゆっくり飲みたいぞっと。


b0061639_10395052.jpgチョコ掘樽っ子お奨め、駅ビル6F「魚がし」で夕飯。

近海盛りDX(゚Д゚ )ウマー
b0061639_10404732.jpg



再び新幹線に乗り、東京上陸。
リアルヴァナにちょっと寄ってから、おやすみなさい。
[PR]

by bojeck | 2005-09-30 10:41 | メイドカフェ


<< in博多      第2話 メイドカフェin大須 >>