BojeckのFFじゃない日記

bojeck.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 05日

iTMS-J使ってみました

「B'z」全曲コンプリートセット1万8800円、リストを開いた瞬間クラクラっとしたので数えるのはヤメましたが、未発表曲を含めて全340曲+特製ブックレットらしいです。「一曲当たり55.3円」健康食品の売り込みのような言い回しですが、高いか、安いかは、あなた次第。私には高い。

GlobeやウルフルズはiTunesオリジナルセットを提供していて、これが80分枠に収まらない携帯オーディオ仕様なところがポイント。ただし買って聞く程の興味はそそらず。
苦労して入手したジッタリンジンの「プレゼント」を検索・・・アルバム1枚ヒット、しかし昔の曲は見つからず。

百万曲もあると、何を聞こうか迷ってしまうスモールハート。
あれこれ見ているとCCB「ロマンチックが止まらない」が聞きたいと脊髄指令。
『CCB』で検索・・・ナッシング。

予想していたよりも昔の曲は無いようで、探した曲がマニアックだったのか?

ならば新譜はどうよ?
と、買う気も無く新作を漁ってみる。
大塚愛「ネコと風船」あり:200円
浜崎あゆみ「fairyland」ジャケあり、曲は買えない

どうやら、新譜は200円で店頭発売より遅れて配信のようです。営業的には当然か。
本国のように全曲99セントに出来なかったジョブズさん、でもグッジョブ!
iTMS-J以外のmoraやオリコンも値段を下げたり、著作権保護ルールを緩和している模様。

黒船来たりて、音楽配信革命始まる
[PR]

by bojeck | 2005-08-05 09:16 | Music


<< しげる色      アップル、ついに国内で音楽配信... >>