2005年 06月 08日

ジーコファミリー

いよいよ、アジア地区ワールドカップ予選も大詰め。
先日、行われたバーレーン戦合宿初日の監督会見をジーコが拒否した理由がありました。
( ;∀;) イイハナシダナー

ジーコさん、あんたいい監督だ(TдT)
前代表監督は名指しで選手を貶していただけに大違い。

私はスポーツをする上で、個人が必要な要素の順番付けを
1.体力 2.技術 3.精神力 と、思っております。
心技体じゃなくて体技心
要は、体力も技術も持ってない選手は精神論だけでは、どうもこうもならないって事で。しかし、多少の体力や技術の差を精神力でカバー出来るのも事実で、そういった力を周りが教えるのは、なかなか難しい。
今回のジーコの言動は、就任してから一貫した「ファミリー」の形成で、選手は「ジーコパパの為にもガンバらなきゃ」と思うわけですよ。
組織プレーが上手い日本人に欠けている、情熱や創造の世界をジーコは植え付けようとしているんだと思う。

最近、目に余るので、もう一言。
サッカーに限ったことじゃないんですが、日本人を代表して戦っている選手を含めた関係者に対して、尊敬する気持ちを忘れている人が多くないか?
たしかに試合中のプレーを見て、ああだ、こうだ、ってのはありますが、自分達が出来ない事を彼らはやっているんですから、まず感謝する。試合が終わればお疲れ様。その気持ちを忘れて一方的に誹謗するのは大きな期待の裏返しとはいえ、見ていて気持ちのいい光景じゃないです。

ボジェックは日本代表を心から応援します。
[PR]

by bojeck | 2005-06-08 15:39 | Sports


<< 通過点      どれにしようかな >>