「ほっ」と。キャンペーン
2005年 03月 13日

ロング・エンゲージメント

実家へ拉致軟禁されてしまいました。
ぼじぇ実家は「片田舎→街外れ→ベッドタウン→郊外都市」と出世魚のような変貌を遂げ、映画館まで車で5分の好立地条件。
ネット環境の無い家に居ても暇なので昨日に続き映画館へ。

「あずみ2」「香港国際警察」「ロング・エンゲージメント」の三択。
しばし長考・・・
 ・「あずみ2」-前作見てるので続き見たい・・・が、邦画なのでレンタルでもいっか。
 ・「香港国際警察」-なかなか評判がよろしいようで、ジャッキーアクション+ストーリーは見てみたい。
 ・「ロング・エンゲージメント」-アメリな映画、アカデミーにノミネートされてたな・・・
「あずみ2」が落選、残り2択で前情報の少ない「ロング・エンゲージメント」に決め!

「ロング・エンゲージメント」
第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。終戦後、5人の中の1人、マネクの婚約者だったマチルドは、戦場で彼を見たという元伍長の話を聞く。マネクは生きている…そんな直感を頼りに、私立探偵のピールを雇い捜索を続けるマチルドだが、様々な人の証言をたどり続けても、依然マネクの行方はつかめない。そんな頃、マチルドの元に決定的な証言が飛び込んできた。
-goo映画より-

アメリな監督とアメリなオドレイ・トトゥのコンビによる、アメリちっくな映画。随所であえてアメリちっくなセリフを出しているので、アメリファンならニヤリング(  ̄ー ̄)v
フランス映画らしく全体的にセピア色。戦場の光景がリアル過ぎる程リアルなので、目をカッと見開くか、背けるかはあなた次第。謎解きなストーリーもプラスされてますが、謎解きしようと思わない方が吉。登場人物の名前をしっかり覚えて、ストーリーを整理しながら見ないと置いてきぼり率UPなので要注意。
戦争のリアル悲惨さとマチルド(オドレイ・トトゥ)の一途な想いが対照的に表現されている。号泣するような映画では無く、ジワジワ溢れそうになる恋愛映画。
[PR]

by bojeck | 2005-03-13 23:59 | Movie


<< vs花粉 Round.1 飴編      ナショナル・トレジャーDay >>