2005年 01月 21日

オフサイドトラップ

サッカーのオフサイドルール変更案提出(asahi.com記事)
簡単に言うと「ペナルティーエリアの中にいる選手以外はオフサイドじゃないですよ」サイドに流れてボールもらえば、ノーオフサイド。
先日、「サッカーボールにマイクロチップを埋め込んで、ゴール判定しちゃおうぜ」案が公表された時に、この記事も載っていました。
図解が無く説明が難しかったのですが、ついに図入り解説が出たので持論を言っちゃいます。

ありえねー

マイクロチップは賛成。
なんせ、サッカーって殺人事件起こり過ぎです。
ギリギリの判定をした審判が、いつやられるとも分からない御時世ですから。
このシステムを使えば、ゴール判定以外にも、今よりもより詳しい試合分析が出来るんでしょうね。

オフサイドルール変更は大反対
こんなルールになったら、でっかいFWにロングボール放り込むサッカーになっちゃいますよ。
そうするとFWとDFの距離が間延びしてプレスもかけれない、相手ボールを奪取できるのはロングボールを跳ね返したこぼれ玉。
低い位置でしかボール取れないから、またまたロングボール。

そんなサッカーがおもしろいんか!!!

ゴールシーンを増やす為のルール改正だと思いますが、サッカーの本質が変わってしまうんジャマイカ。
大形FWに大形DF、スピードで勝負するFWは不要ですな。
私はGKかDFやってるんですが、DFのときは読みとカバーリングで勝負しているので、個人的にもこのルールはキツイっす。
フットサルにオフサイドが無いのとは、根本的に違いますから。

いろいろなアイデアを出し合うのは良いことだと思います。
採決されることは無いでしょうが。
[PR]

by bojeck | 2005-01-21 10:21 | Sports


<< 動けDS      100%の闘争心 >>