BojeckのFFじゃない日記

bojeck.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 05日

スポーツフラッシュ

体育会系ゲーマー、今週末はスポーツ三昧

まずは格闘技

・K-1 WORLD GP 2004 決勝
武蔵準優勝
武蔵おつ!


盛りだくさんサッカー

・Jリーグの1部、2部入れ替え戦 第1戦
○柏 2-0 福岡●
博多の森球技場、ここは客席からピッチが近くて好き。
豪雨の入れ替え戦、雨で玉田のスピードが殺されるかと思ったら、キープ力で圧倒。
DF5人に囲まれながらパスを出せるとは、さすが日本代表。
カウンターからの2点目は柏の思い通りの展開、
予想通りの実力差+手堅い試合運びで柏勝利。
2戦目は柏ホーム、アビスパ非常に苦しい展開。

・「新潟県中越地震復興支援チャリティーマッチ がんばれ新潟!
   ジーコジャパン ドリームチームvsアルビレックス新潟」
△ジーコジャパンDT 0-0 アルビレックス新潟△
チャリティーマッチらしからぬ、ガチンコ勝負にビックリ。
代表に呼ばれていない若い年代(大黒や駒井)がジーコの前でプレイできたのは、大きな意義があったと思う。
カズの「いつまで、またぐんじゃい!」フェイントも見られて良かった。
土日にかけてカズ特集が何本かあって練習風景やインタビューを見て思ったのは、カズは永遠に「キングカズ」あの情熱は見習わなければ。
これほど早い時期にチャリティーマッチを行う事が出来た、協会やアルビレックスの裏方さんに拍手。

・Jリーグチャンピオンシップ 第1戦
○横浜M 1-0 浦和●
マリノスは久保が故障離脱、安が骨折、遠藤が怪我、柳想鉄は故障明け、怪我人だらけ、どうするマリノス。
先発に那須ではなく中西&河合を入れてきたあたりディフェンシブな先発メンバー、レッズの攻撃力を警戒している岡ちゃん。

試合開始、なかなか点は入らないが、非常に見応えのある内容。
レッズのカウンターを警戒して中盤を省略したロングボール多用、エメルソンに徹底マーク、岡田采配的中。
「岡ちゃん、うまいね!」
(さわやかイメチェン)坂田&清水のFWコンビじゃ点取れないかなーっ、と思ったらセットプレイから(レッズ解雇)河合がズドンと1発。
チーム戦術の徹底と体を張ったDFが勝因ですな。
2戦目でホームのレッズが、どのような試合運びをしてくるか楽しみ。


まだまだ現役ラグビー

・早明戦
○早稲田 49-19 明治●
対抗戦のTV中継が無いので、今シーズンの両チーム初観戦。
夏前の試合内容では「早稲田>>>明治」
最近の明治は「前へ」の明治らしさが薄くなって、北島イズムは何処へやら。
伝統の一戦ながら、ここ数年は早稲田の圧勝。明治が夏からどれだけ成長したかに注目。

風下の前半を2トライ差の21-7折り返し、明治がんばってるけど、やっぱり早稲田のポイントサイドのディフェンスは堅いな。
ダイレクトフッキングしたり、FWが押し込まれてトライされちゃ明治の名が泣きますよ!
後半の序盤は早稲田の集中力が切れたのか、凡ミスからのターンオーバー連発で明治2トライ、20分過ぎまで明治有利の展開。
ここから早稲田が落ち着きを取り戻し、一気に突き放して試合終了。

全体的に早稲田は接点やルーズボールの球への働きかけが速い!
オフサイドぎりぎりのプレイがターンオーバーの数に出ている。
オフサイドの判断基準ってのは審判毎に微妙に違うので、試合中に理解してプレイする判断力&適応力が必要。
早稲田はチーム全体で、そのあたりが徹底されてると感じる、大学選手権は早稲田が優勝だな。

ひと昔前の「の早稲田」vs「の明治」という判りやすい構図が好きだった年代なので、早稲田だけが強くなると寂しいもんです、がんばれ明治!
[PR]

by bojeck | 2004-12-05 23:59 | Sports


<< 一攫千金      ワリオ >>